テザリングについて

まずテザリングとは何なのかというと、インターネットに接続しているスマートフォンなどの通信機器に、パソコンなどの別の機器を接続してインターネット接続を共有することです。

普通はテザリングを行う場合、スマートフォンと、パソコンなどをケーブルで接続して利用しますが、Bluetooth やWi-Fiなどの無線LANを利用して、ワイヤレス接続を行うこともできます。

10月4日に行われたアップルの発表会で発売が決定した『iPhone4S』ですが、国内で取り扱うキャリアはソフトバンクとauで展開されることが決まりました。国内で販売が開始されるのは10月14日で、auとソフトバンクが同時に販売開始します。予約は両方とも10月7日から始まります。

『iPhone4S』の画像は既にauのホームページにも掲載されています。ここで気になる所はauとソフトバンクではどちらが優れているのでしょうか。

auは一部のAndroid端末にテザリング機能が許可されています。一方、ソフトバンクはテザリングは認めていないので、『iPhone4』でもテザリング機能にロックが掛かっています。

テザリング機能はiPhoneにもある機能ですがキャリアが機能を付けるかどうか選べるようになっています。

電波の部分では有利なのはauの方で、圧倒的に有利なのですが、ソフトバンクは安さで勝負しています。そのほかのサービスでiPhoneユーザーの奪い合いになる見込みがあります。


テザリングを使うには

テザリンングを使える対象の機種はJailBreakが済んだ全機種のiPhoneです。
まず、CydiaのSearchで「internet tetheringと検索し、Internet Tetheringをインストールします。

そのあとiPhoneの設定から「一般」でネットワークへいきます。そうするとテザリングの項目が増えています。

テザリングを選択し、オンにすれば有効になります。