パフォーマンスについて

A5チップの中に入っている2つのコアが最大2倍のパワーを発揮して、グラフィックスの速さを最大7倍にまで引き上げてくれます。その違いは実際の速さを見てみれば一目瞭然です。

iPhone 4Sはクイックで反応がよく抜群のスピードを誇ります。アプリケーションを起動するときやネットサーフィンをするとき、ゲームやそのほかの色々な場面で断然な違いを感じることが出来るでしょう。

しかも、どんなことをしていても、バッテリー残量時間を気にすることはありません。A5チップは電力効率にも優れているため、iPhone 4Sのバッテリーは長時間の使用でも長持ちします。

iPhone 4Sはゲーマーの人も気に入ると思います。繰り返しますがなんと言ってもA5チップがグラフィックスの速さを最大7倍にまで引き上げてくれるので、ゲームではスムーズなプレイが可能になり、さらにリアルなものになります。
グラフィックスを最大限に駆使したアプリケーションのパフォーマンスがさらに向上します。

また、iPhone 4Sの外観のデザインは従来モデルのiPhone 4とほぼ同じものになっていますが、中身は大きな進化を遂げています。特徴としては端末の処理性能に大きな影響を与えるプロセッサーに「iPad 2」でも使われていたデュアルコアプロセッサーの「A5」を採用していて、パフォーマンスが大幅に向上しました。

アップルの情報によると「iPhone 4S」は、「iPhone 4」に比べて、処理能力は倍以上、グラフィック性能は7倍にまで達するといいます。
アップルの発表会の会場で「iPhone 4S」の実機があり、体験してみた人の感想では、全体的にはサクサクと動作していて、「iPhone 4」より処理スピードが上がっているということです。

「Safari」や「YouTube」、カメラや様々なゲームアプリを使ってみたのですが、アプリの切り替えが速くて使っていてストレスが溜まるということはまったくなかったです。

また、高精細な表現の難しいグラフィックのゲームも、コマ落ちなどもなく綺麗に表示されます。


パフォーマンスと処理速度

また、iPhone 4Sの外観のデザインは従来モデルのiPhone 4とほぼ同じものになっていますが、中身は大きな進化を遂げています。特徴としては端末の処理性能に大きな影響を与えるプロセッサーに「iPad 2」でも使われていたデュアルコアプロセッサーの「A5」を採用していて、パフォーマンスが大幅に向上しました。

アップルの情報によると「iPhone 4S」は、「iPhone 4」に比べて、処理能力は倍以上、グラフィック性能は7倍にまで達するといいます。
アップルの発表会の会場で「iPhone 4S」の実機があり、体験してみた人の感想では、全体的にはサクサクと動作していて、「iPhone 4」より処理スピードが上がっているということです。

「Safari」や「YouTube」、カメラや様々なゲームアプリを使ってみたのですが、アプリの切り替えが速くて使っていてストレスが溜まるということはまったくなかったです。

また、高精細な表現の難しいグラフィックのゲームも、コマ落ちなどもなく綺麗に表示されます。