iphone5について

最高経営責任者のティム・クック氏は、「iPhoneのシェアは全世界の携帯電話でわずか5%だ」と決意を語りました。しかし期待されていた「iPhone5」の発売の発表はなく、iphone4を改良したものだったことから、アップル社の株価が一時5%の下落を見せ、失望感が広がりました。

カリフォルニア州のアップル本社でマスコミなどを招き入れてイベントを開き、スマートフォンの新しい機種、「iPhone 5」の発表をすると見られています。

「iPhone 5」の発売は、10月14日になるとされています。

Appleの発表会で発表されたのは、iPhone5についてではなく、iPhone4Sのみで、深夜から見守っていた人々に大きな失望が広がりました。iPhone5の発売はいつになるのでしょうか。

早いうちに発表されない場合、発表が来年にずれる可能性があります。購入予定のユーザーは、iPhone4Sを買うか、iPhone5を買うかという選択を迫られています。


また、9月下旬にアップルが10月9日から15日まで社員の休暇を許可していないという噂がありました。10月9日から12日まで、14・15日の休暇が許可されていないことが明らかになりました。

アップルはこれまで木曜日か金曜日に新作スマートフォンを発表しています。ということは「iPhone5」の発売は10月14日の金曜日になるかもしれません。

 


iPhone 5の特徴は?

シンシナティ・ベルのウェブサイトによると、ユーザーが期待している「iPhone 5」は8メガピクセルのカメラ、4インチの画面を搭載し、4Gの高速データ通信が可能だということです。

シンシナティ・ベルが予想する32GBモデルの「iPhone 5」は639.99ドル(約4万9千円)で売られるということです。
 「iPhone 5」には様々な憶測が飛び交っています。その部分についてはアップルは詳細を明かしていません。
まだ噂段階でおそらく出る可能性があります。

iPhone 4Sの後から出るという話で、CPUとメモリがパワーアップし、サイズが少し大きくなった分バッテリー容量も増えるということです。日本ではドコモとソフトバンクが提供するHSPA+に対応しているということです。auからはiPhone 5が出ない可能性もあるらしく詳細は不明です。

下に主な特徴を紹介します。

・A5プロセッサー
A5プロセッサを搭載し、高速パフォーマンスで、さらにゲームを楽しむことがきるようです。
特にグラフィック面が大幅に改善されているようです。

・カメラ
8メガピクセルのカメラを搭載し、高解像度で写真を撮影できます。
バックライトセンサーもついています。


・「Dictation」音声テキスト変換アプリ
マイク入力した音声がテキストに変換される機能です。iOS5のメッセージアプリと統合されるようです。

様々な新しい機能を搭載したiPhone5が10月14日に発表されることを期待しましょう。