新OS、iOS5について

Appleは、iOSの最新バージョンの「iOS5」と、クラウドサービス「iCloud」を10月12日に発売すると発表しました。iOS5はiTunesを経由してダウンロードやインストールが可能で、対応する端末はiPhone4S、iphone4、iphone3GS、iPod touchの第3、4世代、iPad、iPad2です。

iOS5の新機能は、新着メールやテキストメッセージ、友だちリクエストなどの通知を1つにまとめた「通知センター」、グループメッセージに対応したメッセージサービス「iMessage」、購読している新聞や雑誌のアプリをまとめる「Newsstand」、To Doリストの「リマインダー」、ネットのSafariやカメラなどを搭載します。

また、カメラはロック画面からワンタップですぐに起動でき、音量ボタンでシャッターを切ることが可能になりました。さらには写真アプリの画像編集のトリミングや回転、赤目除去ができるようになりました。

Safariでは、記事を保存できる「リーディングリスト」が追加され、iCloud上で最新のリーディングリストを共有できるようになりました。

他にもアクティベートやセットアップ、バックアップがパソコンを使わずに出来るようになり、パソコンとWi-Fiでワイヤレスに同期させることも可能になっています。

 


iOS5について続き

Appleは、日本でいう10月5日に北米で発表し、「iPhone 4S」、iOS 5や「iCloud」などの正式リリースが決まりましたが、iOS 5とiCloudは10月12日に同時発売を予定しています。

iOS 5はiOSの最新バージョンで、iPhone、iPad、iPod touchユーザーに向けてパソコンのiTunesで配信されます。

iOS 5の新機能には、OS自体をiPhone単体でWi-Fi経由でアップデートさせる機能があり、それ以後のアップデートにはパソコンがいらなくなってくるかもしれません。カメラアプリのUI強化、写真管理アプリへのレタッチ機能追加、ブラウザへの新機能追加、パソコンなしでの利用サポート、Wi-Fi経由でパソコンとの同期などをする事が出来ます。

iOS 5はiPhone 4S、同時発表のiPod touchが標準搭載され、iPhoneは3GS以降、iPadは全モデル、iPod touchは第3世代と第4世代の無料アップデートが可能になっています。