iPhone4sとiPhone4の違い

iPhone4SはデュアルコアCPUを搭載していて、グラフィックチップは7倍、カメラが高機能に改良され、iphone4を改良したものというより新しい機種としての認識されています。

通信方式はW-CDMAとCDMA2000の2つの方式に対応しており、auとソフトバンクの2社から同時発売されます。
発売された初期にトラブルがあったiphone4ですが、高解像度ディスプレイを搭載していて、かつバッテリーが長持ちするという、安定した使い勝手が多くの人に人気のスマートフォンです。

iphone4Sはおサイフケータイやワンセグが搭載されていない点を除けば、ユーザーの満足度が高い3GSと同様に長く使われ続け、満足度も高まっていくかもしれません。


iPhone4sとiPhone4の違いとスペック

10月6日に誰もが期待したiphoneの新作「iphone4s」が発表されました。

そこでiphone4Sについて前の機種の「iphone4」とデザインや機能など、どの部分が変わったのかを見ていきたいと思います。

デザインは白と黒の2種類で、iphone4と変わりませんが、機能面に違いがあります。

その中でも、CPUとカメラは大幅な改良がされています。CPUはiPad2と同様にデュアルコアのA5を搭載しています。また、グラフィックもデュアルコア搭載で、速く、詳細な映像を動かすことが可能です。

Apple社が発表した情報によれば、ゲームでは7倍近い速さでプレイでき、通常のタスクではiphoneの2倍速く動かすことができます。カメラはiPhone 4と比べて見るとピクセルの数が60%増え、さらに高画質になります。

付属機能に手振れ補正がついたことやレンズ構成が5枚に変わったことも大きなポイントとして挙げることが出来ます。これによって、iPhone 4よりもさらに美しい写真を取ることが可能になります。

その他の機能についていえば、「Siri」という音声認識機能が追加されました。これで何が出来るのかというと、明日は雨が降るのかと聞けば、「傘を持っていった方がいいですよ」と返事をくれたり、メールを音声で読み上げてくれます。

返信メールを喋る事で音声を認識して作成できるなどの便利な機能があります。今は日本語には対応していませんが、英語、フランス語、ドイツ語の3つが対応しています。