iPhone4sを使える携帯会社

アップル社が10月14日に「iPhone」の最新モデルとして「iPhone 4S」を発売します。日本では、KDDIも取り扱いを始め、今までのソフトバンクの独占が崩れることになりました。
NTTドコモとの三社を加えて三つどもえでますます過熱するスマートフォン商戦ですが、そのひずみで、携帯電話回線はパンクする寸前になっています。


携帯各社は、無線LANの無料開放などで対策していますが新しい周波数帯として「プラチナバンド」を得る事が必要な条件になります。
発表前かネットなどでいろいろとデマや臆測が飛び交っていましたがついに新型「iPhone」が、披露されました。


アップル社の会見では、「これは世界一のスマートフォンです。顧客満足度世界一です。本日、『iPhone 4S』を発表することができ、光栄です」とコメントしました。
世界が発売を期待したのは新型の「iPhone 5」でしたが、その発表はなく、「iPhone 4」を改良した「iPhone 4s」でした。


三社の競争

日本で14日から発売されることになっている「iPhone 4S」ですが、一番注目すべきはauを展開しているKDDIからの発売が決定したことでした。
これによってこれまでソフトバンクが「iPhone」人気をさらっていきましたが、ドコモに加えてこれで独占販売が崩れることになりました。

携帯各社のシェア争いが激化し、スマートフォンの市場が拡大す中で、危機を迎えているのが電話回線のパンクです。
スマートフォンのデータ通信量は、従来の携帯電話と比べても10~20倍も違うのです。
そのため、スマートフォンが急速に普及することは、データ通信を行う際の携帯電話回線の圧迫につながります。
こうした中で回線パンクを阻止するために各キャリアが新しい手を考え始めました。
駅や空港、カフェなどで使える無線LANを10月1日から、ドコモも無料で使えるようになりました。
電話回線と並行して、この無線LANを迂回するルートとして設けることで、データ通信を分散させようと試みています。