iphone4sについて

アメリカのアップルは、高機能付きの携帯電話のスマートフォンiPhone(アイフォーン)の新機種である「4S」を日本や米国などの7カ国で発売すると発表しました。

半導体やOSなどの基本ソフトをiphone4」から新しくしました。一機能としてユーザーが声で操作する「音声認識機能」が搭載されました。日本ではソフトバンクモバイルとKDDIが販売することを正式に発表しています。

またこの2社の競争が激しくなりそうです。  新型「iPhone4S」の外観は従来のiphone4とあまり変わりませんが、搭載された機能が大幅に違います。

音楽ややピクチャ、文書などをインターネットから携帯電話やパソコンなどで自動的に共有してくれる「クラウドサービス」(無料)に対応しています。

アップル社のティム・クックCEOは、新しいiPhone4Sについて語ってくれました。

8月に最高経営責任者(CEO)を引き継いだティム・クック氏が、「携帯電話の世界シェアでiPhoneは5%。まだ大きな機会がある」と語っています。

アップル社のスマートフォンの最新作であるはずの「iPhone4S」が、日本のお隣の中国では、ニセモノが登場しているようです。

ある記者の調べによると、上海にある携帯電話ショップが建ち並ぶビルでは、新型iPhoneのコピー商品が売られているそうです。まだ発表されていないはずの「iPhone5」も、なぜか売られていて、そこの販売店員はiPhone5だと言い張っていたそうです。

iPhone5のコピー商品は軽いようで、本物よりも少し丸みを帯びたデザインで、裏には「Bpple」の文字があり、ネットの通販サイトでも「iPhone」ではない「HiPhone5」が販売されていました。

「コピー商品天国」といわれる中国では、そうした偽物の方がよく売れるらしいです。


iphone4sについて続き

10月4日に発表されたアップルの最新型スマートフォン『iPhone4S』に対して韓国のサムスンが「特許を侵害している」として販売禁止を申し出をしていることがわかりました。

「自社の特許を侵害された」ということですが、どこがどのように特許侵害されたのかについての詳しいところは報道されていません。

サムスンの動きとしては販売をよていしている国で仮処分申請を行うそうですが、韓国でのイメージ悪化を恐れて申請を避けているといいます。

過去に作られた『iPhone』の部品にはサムスンの技術も含まれていて、新しいiPhoneでは他社の部品に変える可能性があります。

iphone4Sは黒と白の2カラーが用意されていて、アメリカでの価格は2年契約で、容量が16ギガバイトの199ドルの機種と、32ギガの299ドル、64ギガの399ドル。

8ギガのiphone4は99ドルで、iphone3GSは無料になるそうです。 ドイツのボーダフォン公式サイトで情報が流れたそうで、色はホワイトとブラックの2種類、容量は16GB、32GB、64GBの3種類なのでiPhone 4SはiPhone4の廉価版ではないことになります。

iphone4の容量は8GB、16GB、32GBでした。

ソフトバンクから出るかもしれないということ、カメラの画素数は8メガピクセルになるということ、かなり高画質な動画が撮れ、端末同士で情報を交換する「NFCシステム」がサポートされています。

iphone4を持っているなら、iOS5にアップデートするとiphone4sとほぼ同じになるんじゃないかと思います。

また、iPhone 4S」では、SoftBankが下り最大14.4Mbps 上り最大5.76Mbps、auが下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbpsと明らかな差がついています。

iPhone 4Sは、発信と受信の2つのアンテナが装備され、最大データ通信速度は7.2Mbpsを2本束ねた14.4Mbpsの仕様となっています。